<ダイヤネット>

四季の草花(草花別)

松本 喜一 氏 撮影

サギソウ

純白の花が暑い夏の真っ盛りに開花する。さながら「白鷺」の飛ぶに似た優雅な清楚な花をつける、鉢植えとして容易にたのしめる。

 (2013.11)

 

ば ら

古河庭園の西洋庭園では、春と秋に赤白黄等色とりどりの90品種180株のバラが咲き競います。

その一部を紹会しましょう。 (2012.5)

ローラ

バニラパフーム

イ ン カ


ラ  ブ

ヨハネパウロ2世



ブラックアイ

 

八重桜

新宿御苑には、約75種1500本のサクラがある。今回は八重桜のみを紹介するる事とし、その主な品種は、次のとおりである。

閑山(かんざん)濃紅の桜で、観賞価値が高く公園などによく植えられている。桜湯で使われる塩漬けの花はこの花が用いられる。

  欝金(うこん):花は黄色の大輪で「浅黄」や「黄桜」や黄金桜」とも呼ばれている。咲き始めは黄緑色であるが、咲き終わりにはかなり赤みをおびた色となる。

普賢象(ふげんぞう):花は淡紅色の大輪八重で、晩春に咲く2本の雌蕊が葉のようになって長く突き出る。この2本の雌蕊と白色の花弁を普賢菩薩が乗る白象に見立ててこの名があると言はれている。

一様(いちよう):花の中央に、小さい葉が一枚出ている。花弁より小さいが、緑色でサクラの葉のように鋸歯も出ている。これは雌蕊といわれている。

御衣黄(ぎょいこう:緑色の大変珍しい里桜です。ふつう花弁に白・赤。緑の3色のすじがある。花弁がやや小型で細かい。

陽光花は紅色の大輪一重ではやがくは大きく、花色はカンヒザクラのように紅色が鮮やかな桜である。

アジサイ



雨に似合う花として、庭、公園、お寺等に多く栽培されている。高さ1〜2m
は青から赤・紫に変化するところから「七変化」とも言われる。
本来日本原産のあじさいが西洋に渡り品種改良され、お里帰りしたものが西洋
アジサイである。大型で色彩豊富豪華に見えるが、日本あじさいも捨てがたい。



ハイドランジャ

はなび

羽衣の舞

みやまややえむらさき

かしわばあじさい

日本あじさいくれない

明治神宮のハナショウブ



  第5回御府内88ヶ所巡りで明治神宮のハナショウブが丁度見ごろでした。
ハナショウブの美しい花の一部を紹介いたしましょう。  
  「いずれがアヤメかカキツバタ」というたとえがありますが、形態的に非常に良く似ていて 区別が出来にくいものです。さらに美しさに甲乙つけがたいときの例えとして用いられてい るそうです。
  @あやめ Aハナショウブ Bカキツバタの区別は、生育の場所で区別するのが、一番 判りやすい。
   あやめは、乾いた所に生育。 ハナショウブは湿地に生育。 カキツバタは水辺に生育。葉や花にそれぞれ特徴がありますが、アヤメは幅狭く小輪咲き。ハナショウブは幅中くらいで大輪咲き。カキツバタは幅広く、中輪咲き。




はなしょうぶ黄の司

はなしょうぶ若紫

はなむらさき紅椿

はなしょうぶ白芙蓉

はなちょうぶ朝霧

はなしょうぶ遊行柳

 

富士山のゆり


最近訪れた富士山麓(河口湖鳴沢村)のスキー場は夏の間リリーパークとして開放している。約70種100万株600万輪のゆりが咲き競うと言われおりますが、その一部を紹介いたしましょう。  

アビニオン

ショッキング

ソルボンヌ

グランドパラディゾル

ポリアナ

ランザローテ

ダ リ ヤ


原産地はメキシコ、菊科の球根植物でメキシコの国花である。高さ2mに達する種類は多く、アネモネ、ポンポン、カクタス、シングル等、色は赤、ピンク、黄、白等多数ある。夏の花の代表として、神代植物公園では多数のダリアが見られる。

超人

悦び

ドラマボーイ

波の音

舞姿

ゴジダス

 

 

                  菊

 

きくは日本で最も多く生産されている花で、切り花だけで年間20億本以上に達するといわれている。秋になると各地で愛好家の発表会が開かれる。神代植物公園で見た一部を掲載しましょう。

 


                       国華元禄金山
.


                    国華元禄越山


                    国華元禄走り

                   
                   太管黄光秋の光



                     間管泉郷冨水


        
             細管泉郷細道.

 

椿

 

椿は葉に艶があり、葉が厚いところから「艶葉木」「厚葉木」とも言われる。 きわめて交雑しやすく種でふやすと、親とはまったく似ても似つかぬものができる。花の少ない季節に開花 花も美しく、葉も常緑で美しい。



椿相撲侘助

椿都鳥

椿紅唐子

椿ひぐらし

つばき朴伴

やぶ椿

 

パンジー


パンジーはスミレ科の園芸植物で一年草、紫・黄・白からなっており「三色すみれ」の名で知られている。冬の花の少ない時期に咲き始め,翌年春まで楽しめる。

カーマローズ

インペリアルブルー

オーロラ

ベニーマリーナ

キャッツホワイト

ハイホー

 

クリスマスローズ

キンポウゲ科の多年草で、冬から早春の主役とし て
人気がある。こ数年、花の色、花の形急激に増えた。

バターイエロー

ライトグリーン

ルーセブラック

パープル

八重パープル

八重ホワイト

八重ライトグリーン

寒ボタン



 
ボタンは通常春咲くが、通年の温度管理を実施、お正月に満開になるように育成したのが寒ボタンである。ボタンは、「花王」とか「花神」と呼ばれるだけあり、その豪華さと気品他の花を圧倒するものである。(神代植物公園にて)

花王

天衣

花遊

紫紅殿

八千代椿


 

 

 

戻る 季節別