<ダイヤネット>

四季の草花(季節別)

松本 喜一氏撮影

春 3月

しだれ梅:枝がしなやかで、糸のように垂れ下がり花を咲かせる。観賞用として、庭木鉢植え 等に植栽される。杉並区久我山


サンシュユ:ミズキ科の植物で、中国、韓国の原産、落葉小高木である。早春に見事な花を咲かせる。別名「ハルコガネバナ」と呼ばれる。秋に赤く熟した美しい実をつける。この実は 強荘強勢薬として用いられる。 神代植物公園


ナガバユキノシタ:吉祥寺までの散歩道で見かけた。シベリアの山地に自生する。常緑の多 年草、 開花期は3,4月夏暑さに弱いが、寒さにはめっぽう強い、水はけのよい砂地で育てる。 武蔵野市吉祥寺南町





かんざくら: 濃い緋紅色で下向きに咲く、早咲き桜として喜ばれ庭や公園などに植えられ
る。 井の頭公園

 

春 4月

クレマチス:キンポウゲ科の観賞用つる性多年草、花色は白・紫・桃で観賞用に
植栽される。杉並区松庵

つつじ:冬も葉を落とさずに日本に自生している。白・赤・絞り、細弁咲きなどいろ
いろ種類がある。サツキより大型で葉も大きく一足先に花を咲かせる。 此れは小型の久留米つつじである。場所をとらず花つきもよく庭には最適である。
杉並区松庵


君子蘭:ヒガンバナ科の観賞用多年草、春に赤橙色の花を筒状に花を上向き又は 下向きに咲く。 杉並区松庵


しゃくなげ:関東の低山に自生している。各家庭の庭にあるのは、殆んど改良種
で花も大きく美しい。一本植えておくと毎年花を楽しむことができる。花色も赤、
ピンク、 白、桃、黄と多数ある。杉並区松庵

 

 

春 5月

カルミヤ:アメリカしゃくなげと言われている、花は白・桃・赤・紫とあり、細かい花を多数つける。 庭木としての人気が高い。  杉並区久我山

ゆきのした:常緑の多年草、薬用として植えられる。毎年咲く白い花は良く注意し
て観察すると、 意外と美しい。 杉並区松庵

おだまき:キンポウゲ科の草木で、宿根草として栽培されている。花弁が5枚で、花弁の底部から距(きよ)が出ているのが特徴である。1度植えると放っておいても毎年花をさかせる。 杉並区松庵

アッツザクラ:5年ほど前に友人から頂いたものである。名前から推定して、アッツ島 原産おもわれる。寒さに強く、丈夫で草丈10cm位可愛らしい花である。
杉並区松庵   

 

 

夏 6月

孔雀サボテン:駅にでる途中で見つけました。ここのご主人は無類の花好きで、2階のベランダにガラス張りの温室があり、きれいに咲くと玄関前に飾り、通行人の目を楽しませてくれる。月下美人に似た此花も見事なものである。 杉並区松庵

ビワ:近所で偶然ビワの実がたわわになっているのを見つけました。住宅密集地にしてはめずらしい光景で嬉しいしくなりますね。これはバラ科の常緑高木で高さ10mに達する。
杉並区松庵

たちあおい:インデアンスプリングとも言われ、草丈が長く2mにも達する。地方では良く見かけるが、庭植えでは、大きすぎてなかなか見当たらない。久我山の住宅地、吉祥寺の駐車場の隅で咲いているのを偶然見つけた。花色は紅・ピンク・黄・白と豊富。
武蔵野市吉祥寺南町

くわ:養蚕の衰退により滅多に目にかからないが、鑑賞用として庭に植えている。しかも見事に実がなっている珍しい事である。 三鷹市井の頭

 

夏 7月

月下美人: 夏の夜4時間程度しか咲かない幻想的な花である。まさに美人薄命とはこのことか。 昭和天皇が皇太子時代(大正12年)台湾を訪問の際、名を問われ当時の台湾総督がとっさに「月下の美人」と答えたこの名が定着したと言われている。 杉並区松庵

プラム:玄関先のお隣さんの庭で、色鮮やかなプラムが美味しそうに成っているのを発見した。春先は美しく花を咲かせることは、記憶にあるが何の花かを確認しなかった。これほどみごたな立派な実をつけるとは迂闊にも気が付かなかった。  杉並区松庵

のうぜんかずら:蔓性落葉樹、観賞用植物として、高さ10mに達する。夏、橙赤色の大花を開く。花は7〜8の暑い時期に満開、オレンジ色の大きな花をつける。丈夫で土地を選らばず、半日陰でもよく成育し手の掛からない花木である。  杉並区松庵

サルスベリ:夏の咲く花として親しまれている。一般には高さ3mに達する、夏から秋に紅または白に小花が群がり咲く、庭木として栽培され、木肌の滑らかさで猿もすべると言うところから命名された。 杉並区久我山

夏 8月

ひょうたん:瓜科のつる性一年草、7月頃白色の花を開く、果実は普通中央部にくびれがある。果肉を除き乾燥して器として、漆をかけて仕上げる。酒・水・花入れ等に用いる。 武蔵野市吉祥寺南町

千日紅:夏から秋まで(長く花を保つ)ヒユ科の一年草、茎の頂に長楕円形の赤い球状の花を付ける。観賞用として栽培される。  杉並区松庵

サギソウ:ラン科の多年草、山野の湿地に自生する。さながら鷺の飛ぶ姿に似た優雅で清楚な白花を咲かせ、鉢植えで観賞用に栽培される。立川昭和記念公園

  

ホオズキ:ナス科の多年草で、高さ60〜70cm黄緑,白の花を開き、袋の中に球状の実おつける。果実は種を除いて空にして、子供が口に入れて鳴らして遊ぶ。根は咳止め、利尿薬として使用される。 杉並区久我山

秋 9月



うめもどき:葉は梅に似て雌雄異株秋に紅色又は白色の球状の小果を結び、主に観賞用として庭に植えられる。 新宿御苑

ざくろ:6月頃鮮紅色の花を咲かせ、九月に球形の赤い実がなる。神話の世界ではこの実は女神の子宮のシンボルとされ、多数の種は豊穣を表した。果実酒として利用される。
 
杉並区西荻南

紫式部:日本の山野に自生する落葉低木。夏、葉の付け根に淡紫色の小花を開き、秋に球形・紫色の美しい実をつける、観賞用に栽培される。     杉並区久我山

彼岸花:毎年秋の彼岸ごろ確実に咲いてくれる、今年は温暖化の影響か例年より2週間も早く咲いた。花が咲く頃葉がなく、花が終わってから葉が出るふしぎな花である。別名ハミズ、ハナミズとも言う。   杉並区松庵

 

秋 10月

からすうり: うり科の蔓性多年草、雌雄異株で8月頃夜白いレースのような繊細な花を開くので、なかなかお目にかかれない。秋に実が美しく色づき始めてその存在を知る。     杉並区松庵

きんもくせい:秋の到来を告げる花として、何処からともなく良い匂いがただよう。 葉の付け根から、小花を連生、観賞用として庭に植えられる    杉並区久我山

ピラカンサ:久我山の道路沿いに毎年見事な実をつける、ピラカンサがある。今年も見事な実をつけた。中国原産で、5〜6月頃白花を密生10月に赤い実を沢山つける。生垣として植え込まれる例が多い。日当りの良いところでも日陰でも良く生育する。杉並区久我山

コスモス:きく科の1年草、メキシコ原産、高さ1・5メートルに達する。秋に白・淡紅・深紅・黄等の花をさかせる。秋桜とも言う。    立川昭和記念公園

 

秋 11月

カリン:響きのよい名である。香りがすばらしい、リンゴ程に熟した実はずっしりして重く、美味しそうに見えるが,見掛けだけで渋くて不味い。咳に効く、焼酎、蜂蜜に漬けて保存する。   杉並区松庵

ジュリアンサクラソウの仲間で本来春早く咲く花であるが、栽培技術の進化により年末頃園芸店に出回るようになった。花は白・黄・紫・赤と美しい小型のものが作出された。観賞用として鉢植えで楽しまれている。杉並区西荻南

せんりょう:常緑低木で、鑑賞対象は果実で10月頃から2月まで木についている。通常赤であるが、黄実もある。栽培は、マンリョウ同様直射日光を受けない場所が適している。繁殖は実生と株分けがよい。お正月生け花用飾りで買ったものを、実を綺麗に洗い種をまくと容易に発芽、翌々年には鑑賞できるまでに成長する。
  
杉並区松庵

紅葉:西武球場で美しく紅葉した木を見つけた。木の名前はうっかり失念したが、秋の到来をまじかに感じる。    西武球場

 

冬 12月

しくらめん: お正月用の鉢花として人気が高い、生産量もかなり殖え何処の花屋さんでも入手できる。最近開発されたニオイシクラメンでかすかな匂いがするのがでた。「しくらめんの香り」と言う歌があったがやっと作出に成功したようだ。    杉並区松庵

シンビジュウム: 東南アジア原産であるが、日本に自生するラン(シュンラン等)と交配、日本の気候に適合するよう改良された。花色も多数、冬の鉢物として鑑賞・贈答用としての人気が高い。 武蔵野市吉祥寺本町

ポインセチア: 鑑賞用低木、クリスマスの定番として飾られる。短日性植物で包が車状につき、クリスマスのころよく出回る。赤く(白・ピンク)色づくくのは花ではなく包である。
杉並区松庵


まんりょう: ヤブコウジの仲間の、常緑低木で、冬から春まで果実をつける。赤実と白実がある。目出度い木としてお正月に飾られている。       杉並区松庵

冬 1月

福寿草: 雪の中から咲く花、旧正月頃から咲き始める。別名元日草と言われている、岩手や 青森では、ツチマンサクと呼ぶ、「土からまづ咲く」の意。  調布市 神代植物公園


ろうばい:井の頭の神田川沿いに誰が植えたかろうばいを見つけた。中国原産、落葉低木に香気のある花を開く。花弁は黄色蝋細工のような光沢ある花でこの名がある。     三鷹市井の頭

キンカチア: 中国からはるばるやってきた、黄色の椿が神代植物公園の温室で見事に咲いていた。    神代植物公園

: 松は長命で冬でも青々として風格がある。如何にも神の宿る木、神の降臨を(待つ木)(祭り木)であり、中国では常緑樹は不老長寿を意味した。門松が各家庭に普及したのは、明治時代の「松竹立てて門ごとに祝う今日こそめでたけれ」と唄われたからだと言う。   

 千代田区皇居外苑


冬 2月

クリスマスローズ: ローズといってもバラではない。クリスマスの頃に花を咲かせるのでこの名があるが、むしろ春咲きが多い。南ヨーロッパ原産のキンポウゲ科。 
    杉並区松庵

ジンチョウゲ: 庭木としてよく用いられる。芳香は春の花で一番、沈香と丁字の香りを併せ持つ「沈丁花」栽培花を客にたとえて閨客年、閨は女性の寝室、その香りは悩ましい。    杉並区久我山

みつまた: 沈丁花科の落葉低木、枝は三つに分かれる。木の靱皮繊維をとり和紙の原料とする。    杉並区久我山

梅: 厳冬期に美しく咲く所から目出度いとされる。松竹梅は新年に不可欠の植物となっている 早春葉より先に花を開く、花は香気が高く、白・紅・薄紅等一重八重がある。植物園公園等に多く植えられている。    文京区 小石川後楽園

 

戻る  草花別花別