寄稿:TJI
「調布 深大寺」
 
我が家の初詣は、いつの頃からか調布市の「深大寺」に定まっている。
其処は、子供たちが小さい頃に住み慣れた三鷹市に隣り合い、白鳳時代に
起源を求めることができる東京西郊では有数の古刹である。
門前に立ち並ぶ蕎麦屋も、家族にはなじみの深い場所。
 
例年多数の初詣客を集めるこの寺も、朝ドラ「ゲゲゲの女房」の効果もあって
か、賑いも増したことだろう。
水木しげる所縁とされる「鬼太郎茶屋」のおどろおどろしい佇まいの傍らで、
商魂逞しく「目玉おやじ」団子が焼かれているのも微苦笑を誘う。
この日は天気も誠に晴朗で、子供たちと一緒に詣でた穏やかな正月であった。