1.研究会活動

 

(1)調査研究会

 

研究会メンバー

  ◎ 助川 泉、巌 隆吉、川瀬 清彦、五島 吉、藤倉 雄

 

【はじめに】

 

 ダイヤネットワークでは従来からAARP米退職者協会の活動については、種々な調査を行ってきたが、平成10年6月の運営委員会で今後の活動方針が討議された。その結果、生産的社会参加に焦点を絞り、国内外の高齢者団体を訪問、インターネット等により実状を調査し、問題点を抽出し、今後のあるべき姿について検討、提言を行う事となり、新たに調査研究会が設置された。

 ダイヤネットワークの性格から企業経験者の高齢化社会への対応であるが、高齢者が「生涯現役」をめざし、自ら積極的に自主、自立し、地域社会と共に相互扶助のもとに21世紀の高齢化社会システムを構築して行くことであると思われます。

 各々の詳細はその都度ダイヤネットワークのDDDに掲載されていますが、今回はこれらの要旨と流れについて述べたい。特にAARPは高齢者団体の元祖であり、代表的存在であるので、詳述したい。

 1,米退職者協会ーAARP

 2.米国の高齢者行政

 3.海外の高齢者団体とネット

    カナダ、イギリス他

 4.北欧の福祉

 5.国内の高齢者団体

    東京高齢者共同組合、WAC,メロウソサイアティ、三井ボランティアネットワーク

 6.世界の高齢者ネット

 

【資  料】

 

 1.AARP関連

   AARPの挑戦を読んでの感想(巌隆吉97/12/27)

   AARPの加入方法と概要(助川泉98/2/10)

   AARPニューヨーク事務所訪問記(助川泉98/2/22)

   AARP連結業務報告書(藤倉雄98/10/15)

 .USAoA(助川泉98/9/4)

 .CARP(助川泉98/9/1)

   AGE CONCERN(助川泉99/1/29

   SeniorNet(助川泉98/7/16)

 .北欧(99/1/25)

   フィンランドの福祉

   スェーデンの福祉

   デンマークの福祉

   ノルウェーの福祉

 .国内

   東京高齢者協同組合(報告:助川泉)

   三井ボランタリーネットワーク事業団訪問記(報告:    若林健市)

    WAC訪問記録ーその概要と感想(報告:巌隆吉)

    メロウソサィアティ訪問記(報告:三田昌夫)

 .世界の高齢者ネット

  http://www.aoa.dhhs.gov/aoa/webres/internat.htm

   オーストラリア、カナダ、中国から英国まで26ヶ国 を網羅しているが、内容は国によりまちまちである。

 

【資 料 編】

 

1.AARP関連

 

AARPの挑戦を読んでの感想(巌 隆吉)

  AARPの挑戦−アメリカお巨大高齢者NPO

         編者:日本労働者協同組合連合会

         初版:1997年10月31日発行

 先日のパソコン自主研修会において、財団からAARPについても研究してはとの提言があった。

  その際の研修会員としては、理想を追うのも良いがもう少し地に着いたことを先ずやるべきとの意見であった。一歩一歩着実に進むことが大事であるので、その点では正しいことであろう。

  しかし、AARPの概論的なものも全く知らないので、多少知りたいなと思っていた矢先、財団がその本を所有しているので、借用して一読した次第。

  AARPの組織の偉大さは、多少聞いていたがこの本を見て近い将来このような組織が或いは日本でも出来る要素は大きいと思われた。即ち、現在各地で活動している高齢者の団体を糾合すれば現在でもある程度の日本版AARPも出来る可能性もあるのではと思われる位それ程、難しい問題でもないとの印象を受けた次第。但し、AARPのように大きく組織化するためには、卓絶するリーダーとそれを支援する多数の支援者がいなければ、無理であろうが...。

  このことについては、去る12月9日に開催されたダイヤネットワークの全員集会でも若干お話ししましたが、今度会議室にAARPのコーナーが設置されましたので、敢えて口火を切るため、同じような内容にはなりますが、若干その感想を下記のとうり取り纏め、掲載したいと思います。

@  このAARP(Amerirican Asociation of Retired  Persons  全米退職者協会)は会員3000万人で極めて大きな組織と思う。しかも会費は僅か年8ドルであり、誰でも入れる極めて安い会費である。

A  機関紙の発行は全米一。大会員によって支えられている。

B  政治力も大いに発揮可能。大統領も大きな関心を払っているようで明確な政策プランを持って行動しているし、しばしば政治的成果を挙げている。

C  創業の精神はあくまで To Serve Not To Be Served(サービスするがサービスは受けない)、有給スタッフは全米で、1800人いるが、事務管理を担当しており、すべてボランテイアが主体性を発揮して運営している。

D  そのAARPが現在もっとも力を入れているのが、医療保険制度の問題であり、日本においても現在、医療保険介護保険等は同様重要な問題であろう。

E  リタイアとは「引退」という意味だが、AARPではしばしば「移行」という言葉を使っている。このことが、AARPの姿勢を端的に示していると思われる。定年退職する方々の姿勢としても大いに顧慮すべきことであろう。

F  このAARPは、60才で退職した婦人が熱意をもって設立して多くのボランテイアの支援で急成長、僅か20年で現在のような巨大組織まで発展したことは注目に値しよう。

 

 以上極めて粗雑な報告で恐縮であるが、日本でも超高齢者社会になりつつある現在、高齢者の全国組織による活動も必然的に生まれる可能性もあろう。

  ついては、この会議室のコーナーにAARPについての情報交換をすることも、意味があろうと思われるので、気づかれたことを次々と掲載されるよう期待しております。

  さしあたり、このダイヤネットワークの運営もこのAARPのようなやり方を踏襲すればさらに発展するのではないかとも思います。

 

AARPの加入方法と概要(助川 泉)

  ダイヤネットAARP研究会の皆様:

 先日のダイヤネットの全体会議及び藤倉SYSOPのお話や最近新聞等にも時々掲載されておりますAARPについて興味を持ち研究してみました。又財団よりご案内頂いた下記の「AARPの挑戦」も読みました。今度AARPの会員となりましたので加入方法や内容を若干紹介さして頂きます。

 

  +++全米退職者協会 American Association of Retired Persons 略称:AARP+++

 

 先進国に共通する高齢化社会における「元気な高齢者」として全米で政治的にも強い影響力があると言われる非営利組織(NPO)3000万人の会員、40万人ものボランティアを組織化している。AARPは高齢者の社会活動組織の模範と言われている。

 

1.AARPへの加入

  50才以上が有資格者で年会費8ドル(日本からも加入可能で年会費10ドル)下記のインターネットのURLMember Applicationの項目から加入手続出来ます。

 

2.インターネット

  URL     http://www.aarp.org/

  E-Mail  memberapp@aarp.org

 

3.方針

  創業の精神は To Serve,Not To Be Served 「奉仕されるのではなく、奉仕をしよう」

 

4.会員サービス

 「雑誌」Modern Maturity Magazine、お金、健康、旅行、食物、本、芸術等々平易に解説したカラー雑誌、隔月刊で90ページ

 「年金プログラム」個人年金の解説、紹介、料率

 「会員の声」政府、官庁等への高齢者の代弁。社会保障、雇用、健康、介護の改善

 「公式ガイドブック」AARPの健康、フィットネス、家計、介護、雇用、住宅等の公式マニュアル

 「生命保険、健康保険プラン」

 「国内外旅行割引」

 「自動車、住宅保険」

 「AARPクレシットサービス}

 「AARP BULLETIN]AAPRの公式月刊広報誌

 「個人用投資プログラム」実費で個人対称の投資プログラムの設計

 「処方箋、健康用品の斡旋」AARP薬局のメールサービスに処方箋の受付、無償カタログの配布

 「確定申告の相談」

 「安全運転と自動車保険の割引」

 

 以上のような活動を積極的AARPは進めており、日本における高齢者活動の参考になるものと思われます。

 AARPに関する次の参考書があります。日本労働者協同組合連合会編:「AARPの挑戦」−アメリカの巨大高齢者NPO−シーアンドシー出版(2000円+税)199710月発行

 

AARPニューヨーク事務所訪問記(助川 泉)

 AARPへの活動状況を報告します。ご承知の通りAARPはカリフォルニアとワシントンを活動の拠点にしていますが、現在では全米に支部を持っており今回はマンハッタンの事務所(919Third Avenueのビルの9)を平成10年3月某日にお訪れました。

 ニューヨーク事務所は図書室、相談窓口、ボランティアの登録等のオフィイスがあり、会員の意見をワシントンに反映する事だ言っていました。最近の主な話題は次の通りです。

 

1.社会保障と医療について

  長期的な社会保障の問題についてフォーラムや高齢者と若年層のデベートをクリントン大統領の要請もあり議会を含めた全米的運動になっている。2029年にこのまま行くと社会保障は現在の75パーセントになる事態になっている。

 

2.5千万人いる米国労働者中での年金不適格者の救済皆年金の実現、401(k)の積立てプランのIRS税法上の優遇処置。

 

3.高齢者の自動車運転安全マニアルの整備

  Webサイトのhttp://www.aarp.org/55ALIVEにあります。又高齢優良運転者の自動車保険の割引。

 

4.停年退職者(65才以下)の医療保険

  1993年には46パーセントの支給率であったものが1997年には38パーセントに低下している。

 

5.AARPの投資信託(Capital Growth Fund)

  一例であるがScudderにより行われた実績では12/3 1/97終了の期で1年物35.08%、5年物17.28%、10年物16.67%である。詳しくはhttp://aarp.scudder. com を参照して下さい。

 

6.旅行割引制度

  例えばレンタカー(Avis,Hertz,National)10-30%、ホテル(Sheraton,Marriott,Holiday Inn)10-15

 

7.住宅

  ニューヨークの特殊事情として停年後サンベルト地帯に移住したい要望は大きい。フロリダ、アリゾナ、アーカンサス等の不動産業者と共同で見学旅行を行っている。アリゾナのSun Cityを開発したDel Webb4日の体験旅行を159ドルでアレンジしている。

      http://www.delwebb.com/vacation.htm

 

8.医療福祉機器、薬品の割引販売

 

9.インターネット

  会員間、高齢者間のコミュニケーションの手段として非常に重要視しており高齢者インターネットサイトの解説付きリストがあります。

      http://www.aarp.org/cyber/guide1.htm

 

  本リスト非常に良く出来ており全般、政府、健康、住宅、データベース、社会サービス、地域社会、統計及び研究に分類されている。

 

10AARPはテレビのコマーシャルも全米で行って会員獲得を計っている。

  しかし、産業界出身の友人等に聞くとあまりプロインダストリーないとか、先生が多いから嫌いだとか、政治的に動き過ぎるなどの批判はあるようです。

 

AARP連結業務報告書(藤倉 雄)

 

 WAC主催シンポジウム「シルバービジネスとNPOとの協働」('98.7.6開催)で、AARPのコミュニケイション顧問 Mr.Barry Robinsonが「AARPにおけるプロバイダーとの事業活動」と題する基調報告をしています。

 その時の資料に首題報告書がありましたので、ここに転記します。

 

AARP 連結業務報告書 ( 000 ドル )

 

業務収入                 1995(改訂)     1996

   会費                                133,167          140,517

  グループ保険管理 手当               97,469          103,767

  出版物広告                           54,759           52,521

  その他プログラム収入及び印税等          64,445           64,276

  投資収入                             83,997           29,545

  その他収入                              936              859

       業務収入 合計            434,773          391,485

業務経費

  出版物                              118,343          116,270

  プログラム及びフィールドサービス               71,579           81,760

  法案提出、調査、開発費               34,730           36,312

  メンバーサービスメンバー獲得                71,383           72,066

  業務管理及び施設管理                 43,442           42,352

  本部運営費                           20,018           19,692

       業務経費 合計           359, 495          366,452

業務収入−業務経費    計             75,278           25,033

 

連邦プログラム及びその他のプログラム収入

 

  労働省                               50,993           46,155

  環境保護庁                           24,050           21,126

  国税庁                                3,468            3,327

  その他連邦省庁                          919              728

  AARP サポート                           4,194            5,454

  第三者サポート                           6,024            6,284

  その他の収入                            574              122

   プログラム収入合計                 90,222           83,196

 

連邦プログラム及びその他プログラム経費支出

 

  高齢者コミュニティサービス雇用プログラム        (57,721)         (55,222)

  高齢者環境雇用プログラム               (24,051)         (21,884)

  高齢者税金相談                      ( 4,931)         ( 4,565)

  その他のプログラム                     ( 3,158)         ( 1,640)

   プログラム経費支出合計               (89,861)         (83,311)

 

連邦税控除前所得                         75,639           24,918

納税準備金                                   -                -

支払い連邦税                            (15,000)         (15,000)

ネット資産増減                           60,639            9,918

純資産(期初)改訂                       43,416          104,055

純資産(期末)改訂                      104,055          113,973

 

 その他プログラムからの収入及び使用料収入:1231日に終わる1年間

                                        (単位千ドル)

                    1995      1996

AARP

プロバイダーからのライセンス使用料収入

  Hartford Insurance Company           27,128           29,010

    Retired Persons Services, Inc.        4,228            3,989

    Car Rental Companies                  4,934            6,959

    New York Life Insurance Company         782            2,279

    Amoco Enterprises, Inc.               1,904            2,405

    Foremost Insurance Company            1,332            1,399

    Prudential Insurance Company            966            1,402

    Other providers                         621              119

プロバイダーのライセンス使用料収入計   41,895           47,562

 

プログラム

  55-ALIVE                              4,877            4,910

    Bienneal Convention(隔年会議)          --            1,287

    その他プログラム                  3,023            2,129

    プログラム   合計             7,900            8,326

  AARP        合計         49,795           55,888

 

Financial Services Corporation

    Bank One 使用料              7,025               -

    Scudder 会員サービスフィー            7,625            8,388

    Financial Services Corp. 合計     14,650            8,388

その他プログラム収入及び使用料合計       64,445           64,276

 

2.米国の高齢者行政:US AoA(助川 泉)

 米国厚生省老年局(U.S.Department of Health & Human Services,Administration on Aging)略称:US AoA

 

 US AoAは米国厚生省(HHS)の一部門で日本でも有名な FDA(米国食品医薬品局)と並列の組織である。米国における高齢化社会政策を理解するのに役立てたい。

 

1)米国厚生省関係のインターネット

    HHS      http://www.hhs.gov/

    US AoA:    http://www.aoa.dhhs.gov/

 世界各国における高齢者関連インターネットのサイトを収録した ージが紹介されている。

     http://www.aoa.dhhs.gov/webres/internet.htm

 

2)米国における高齢化

 米国の高齢化社会の問題点は

2185才以上の米国人は3百万人

22.介護なしの一人暮し生活者

23.少数民族

24.身体・精神障害を持った老人

25.低所得の老人

26.麻薬常用者、無能力者、暴力をふるう人

 

 65才以上の一人暮しの生活者は9百万人で、その内2百万人は援助が必要であるが孤独で誰も居ない。介護の欠如は慢性的な状況で老人にとり重大な事である。これらの問題点は健康状況が悪い為に医療費の増加に繋がるとともにさらに有効なサービスが必要である。不幸にしてこれらの価値有る人は大部分が一人暮らしで低所得である。これら一人暮らしの80%は女性である。85才以上では半分近くが一人暮らしとなる。

 

3)米国老人法とAoA

 米国老人法(The Older American Act of 1965 as Amended)が基本となっている。

 AoAは老人及び関連事項の唯一の国の機関である。全米に9地方事務所、57州事務所を持ち、大部分の州では企画とサービスを分離している。全米では660ヵ所のAAA(AREA AGENCIES ON AGING)があり各企画、サービスの計画、開発、調整のため各州より基金を徴収している。AAAは全米で27000ヵ所の国及び民間機関とサービスを契約している。又AAAもこれらのサービスを行うこともある。これらの援助サービスは次のように分類される。

31.直接サービスー情報、行き届いた管理、エスコート、輸送等

32.家庭内サービスー雑用、主婦業、介護、食事の宅配、家屋の修理、修繕等

33.地域サービスー老人センター、炊出し、日替り看護、看護オンブズマン、老人ぼけ防止、法律、就職相談、健康促進、フィットネスプログラム等

34.介護サービスー休息、相談、教育プログラム等

 

 又全米何処からでもトールフリーで電話を掛け上記のサービスを受けることが出来る。

 

4)研究、デモによる訓練及び資料センタープログラム

 サービスプログラムに加えて、AoAは研究、デモ、訓練プログラム補助金を出しいる。

 

5)将来の高齢化

 米国の老齢人口は急速に増加しており、2030年までに、60才以上の人口は倍の85百万人、85才以上は3倍の8百万人になる。それと同時に少数民族の老齢化が通常人口より急速に増加する。

 白人は97%になる一方、黒人は265%、ヒスパニック系米国人は530%になる。

 

3.海外の高齢者団体とネット

 

A)CARP(助川 泉)

 カナダ退職者協会Canadian Association of Retired Persons(略称:CARP)

 

 CARPはオンラインネットワークFiftyーPlus.netとして運営されている。50才以上のカナダ人を対象として、会員数は現在37万人である。米国のAARPに較べると僅か1.2%に過ぎない。オンラインネットワークを使うことにより、成功しているようである。

 

1)CARPへの加入

 CARPは非営利団体であり政府からの補助も受けていない50才以上の個人により組織化されたカナダ最大の団体である。

 50才以上が有資格で年会費C$15.95(カナダドル)、米国及び海外の会員も受け入れている。

 

2)インターネット

    URL      http://www.fifty-plus.net/

    E-Mail   info@fifty-plus.net

 

3)CARPの方針

3-1.50ーplus(50才以上)の権利の確保と保護

3-2.50ーplusライフスタイル選択、重要な政策、経済問題関する有意義な情報の提供

3-3.会員の団体割引と特典の交渉

 

4)会員のメリット

 ・「CARP News」の年6回発行

 ・「THE BACK FENCE」をCARPのホームページに作りID及びパスワードの登録が必要であるが、会員、非会員を問わず利用出来る。内容はフォーラム、地域社会、クイズ。

 ・「団体・各種割引」、この制度は個人のプライバシー守るために行はれており細かい配慮が伺われる。

 ・レンタカー(Avis)、フィナンシアルプラン、健康保険火災保険、自動車保険、生命保険、ホテル割引(Best WesternITT SheratonMarriottTravelodge)、旅行旅行保険、介護用品、薬品類の通信販売

 

B)AGE CONCERN(助川 泉)

 The National Council on Aging(英国高齢者国民会  議)

 Age Concern England

 

 英国高齢者国民会議(The National Council on Aging)は米国AARPで指向されると同様の地方機関と会員制の連合体で、1000ページ以上のホームページをAge Concern」の名前でインターネットを通じて公開されている。内容はTourIndexNewsInformation@geServiceの6部門に構成されている。

1)インターネット

   URL:  http://www.ace.org.uk

   E-mail:  infodep@ace.org.uk

 

2)内容

21Tour

21Index

 索引は一般に使われているもの、及びACEで使われている特殊な略号について解説している。例えば@geACEでは高齢者運動(The Movement)を意味し、これら団体に容易に接触出来る様にURLや、電話番号を掲載している。

23News

 ACEのニュースで現在話題になっていることは次のような項目がある。

 国民年金ー最低所得者の年金額を冬季燃料費込みで最低週当たり150ポンドを政府は保証すべきであるという主張や、1998Floraロンドンマラソンー走者29600人、バンド約40万人のイベントへの協賛会誌Reportage」の概要ー年金受領者への政府方針、年金受領者へのTV受信料の割引、年金基金等ファクトシートー高齢者に関する統計。所得、法律関連、健康、社会福祉、住宅等で各種資料も配布している。

 プレスレリーズー最近のACEによる新聞発表、ACEによるキャンペーンーAECウィーク(919ー26)、国連高齢者年(101)高齢者ネット上ディベート祖父母の日の制定提案

24.情報

 情報サービスの種類ー電話、メール、図書館、読書リスト、老人学(Gerontology)研究所の設立ー1986Kings Collegeと共同、Age Resorcesの設立ー50才以上で若いボランタリーのデスク

25.@ge

 各地方支部のホームページを紹介している。

 AOCOPWC(Old People's Welfare Organization)で運営されており、殆ど全都市に設置されている。(URLは約半分持っている)

26.サービス

 基金の積立、補助金、保険サービス、訓練、高齢者の使用者フォーラム(EFA)等について詳細について述べている。EFAには英国有名企業28社により設立され50以上の会社、団体が加入している。

27.連絡先

 ACE(Age Concern England)のロンドン以外にも地方支部がアイルランド、スコットランド、等に設置されている。

 

 米国のAARPとは一寸違い英国の高齢者運動について正面から取組み、高齢者の統計、年金、援助の受け方、所得税の確定申告、法律問題等についても色々解説されている。

 ダイヤネットワークの皆様もぜひ一度URLを見て欲しい。

 

SeniorNet(助川 泉)

 米国における高齢者のパソコンネットでAARP(全米退職者協会)とは組織、規模、活動内容の点で異なっています。Seniornetは非営利組織(NPO)1988年わずか22人のネットでサンフランシスコに設置され現在会員数22000人まで成長している。会員も全米のみならず世界各国に広がっている。このため新しい本部をカリフォルニアの現在の近郊及びワシントンに計画されている。

 以下SeniorNetについてホームぺージ等からの情報からその活動状況を紹介します。

 

1)SeniorNetへの加入

 55才以上が有資格者で第1年目35ドル、2年目以降25ドル/年で下記のURLから加入可能であるが、RoundTablesと言うページがあり、誰でも名前、パスワード、E-Mailアドレスを登録するかとにより自由に無償で参加できる。

 

2)インターネット

     URL      http://www.seniornet.org/

 

3)会員サービス

 ・「Newsline」及び4半期毎にニュースレター発行、内容はコンピュターニュース、解説、会員情報及びプロジェクトの案内等

 ・「割引通信販売」書籍、教育用CO-ROM及びビデオ、コンピュター及びその周辺機器

 ・「SeniorNet学習センター」各州数ヶ所全米に設置されており会員はパソコン教室に入会出来る。現在1500人のボランティヤーにより運営されており、建物はIBM、地方電話会社、健康センター、コミュニティセンター、カレッジ等に併設されている。

 ・「The RoundTables」はSeniorNet内にあるセクシッヨンで、会員の有無を問わず、誰でも自由にアクセス出来る広場です。300以上の項目があり家庭周辺の事柄から、絵  画工作娯楽、書籍や文学、コミュニティー、コンピュター、時のイベント、家系図、地域社会、健康、ライフスタイル、記憶の回想、新  入会員と援助、オンラインクラス、政治、宗教と唯心論、停年、スポーツ、旅行、退役軍人、ウイットと知恵、著作の範囲に広がっている。

 ・「ボランティヤーの募集」色々なプロジェクトのボランティア募集、たとえばオリンピックのホームページ作成学校の援助、孤独な1人暮らしへの話掛け、自己出版の援  助

 

 以上のような活動をSeniorNetを全米に広げており、コンピュターネットが活動の中心になっており、規模、政治力等の点からもAARPとは相当違います。

 

4.北欧の福祉

 

 北欧諸国の文献を松沢寿俊氏に収集願った件ですが、助川様、藤倉にて以下纏めましたのでご参照下さい。

 なお、本誌はダイヤ財団にお預かりしておりますので、ご希望の方はSYSOPまでお申し出下さい。

 

A)フィンランドの福祉

 

フィンランド編

 フィンランド関係資料としては、以下3報があります。

1)高福祉国家フィンランドを訪ねて

 発行/フィンランド社会福祉研究会フィンランドスタ ディツアー報告書

2)講演記録

 招待講演「高齢社会フィンランドの現状と課題」フィンランド トゥルク市保健局長イルモ パルヴィネン氏

3)全国在宅ケアサミットin広島報告書

 主催/広島県 広島県御調町

 

 フィンランドの人口は約500万人です。フィンランドにある400ぐらいの各市町村に保健・医療・福祉委員会があり、自治体レベルで実施されている制度が一番開発されています。

 

福祉・医療・教育の従事者が8割

 自治体の主な財源は地方税と国の補助金です。人口、人口密度、人口構成、財政力、面積、失業率、地理的条件などを考慮した基準によって計算された包括的補助金を国か ら受け取ります。一般的に、自治体の財政支出の60%以上が福祉、医療、保健、教育関係が占めます。自治体職員の約80%が福祉、保健、教育の従事者です。

 自治体および共同自治体の予算(1994年度)にしめる福祉・保健・教育              支出                             支出

 福祉・保健   39%          税(地方税・法人税   37%

 教育      21            不動産補税

 その他     21              国          29

 ローン     13              料金・売り上げ    23

 投資       6              ローン         4

                                    その他         7

 

医療・福祉が公(パブリック)の役割

 フィンランドの社会では、高齢者のケアについての責任は、社会が面倒をみることになります。大部分の病院、ナーシング、老人ホーム、在宅ケアの費用は、税金で賄われています。そして、地域レベルで、特に高齢者のケアの中では、パブリックセンターのお金は非常に高く、反対に個人負担は非常に少ないのです。しかし、国家財政の厳しい状況下で、市町村がまかなうことができるか、できないかと状況にあって、高齢者ケアのパブリックな部分が近い将来ウエイトが下がり、民間のウエイトが上がっていくことが予測されています。この場合でも、制度の管理は、これまでと同じようにパブリックが持つと考えられています。

 

B)スェーデンの福祉

 

スエーデンのヘルスケア(スェーデン編)

 文献:Invest in Sweden"Health Care" Pharmaceuticals,Biotechnology and Medical Devices.Dr.Paul Abrahams,Financial Times May 1997

 

 世界のヘルスケア市場は競争が益々激しくなっている。法律や規制が重荷となり開発コストの上昇、新製品の有効特許期間が短縮されつつある。ヘルスケア会社の成功のキーファクターは次の通り:

  基礎研究開発

  商業的スクリーニング及び開発

  登録及承認

  生産

  販売及び市場開発

  先進最終需要家

 スエーデンはこれらの総合ファクターで理想的なヘルスケア産業の立地でありまあす。即ち高度教育、国際的に融通性のある誠実な労働力がある。スエーデンは低コスト、低法人税で規制の少ない環境を提供する。資本,労働力、通信及び土地は非常にやりやすく有効な投資である。インフラは非常に良く世界への航空路がある。スエーデンはEUのメンバーであり東ヨーロッパにも近く、リスクが少ない安定した政治環境である。

 スエーデンー高度独創社会でノーベル賞受賞者8(1950年以降)は人口100万人当たり1.1人で世界一である。ヘルスケア産業においてもスエーデンには700社の薬品、バイオテク、医薬機器メーカーがある。(1995)スエーデンのヘルスケアにおける支出は(1993)GDP7.5%である。同様の数字はドイツ8.6%、フランス9.8%、アメリカ14%である。

 スエーデンにおける成功例、基礎研究についてAstra ,Pharmacia & Upjohn,Karolinska Institute 等について述べている。スエーデンにおける成功はヘルスケアクラスターが先進的研究及び医学機構と産業との連携によっている。地域的に5ヵ所に分かれている。特に、Stockholm/Uppsala スエーデン最大のクラスターで医薬機器 102社、バヨテク 24社、薬品 54社である。本地区に上記2大メーカー、大学もある。

 

C)デンマークの福祉

 

北欧諸国のヘルスケア(デンマーク編)

 

デンマークのヘルスケア

 文献:”Health care in Denmark" The Ministry of Health March 1997

 

 デンマークにおけるヘルスケアは公共事業の大きな部分でそのコストは税金の85%が費やされている。運営の責任は中央集権で無く、大部分が地方分権で行われている。

 

1)デンマークのヘルスケア機構

 デンマークのヘルスケアは一次ヘルスケアと病院のセクターに分かれている。前者は処置とケアが主なもので、一般開業医、専門医、開業歯科医、物理療法士等(開業医セクター)及び家庭看護である。後者は卓越した予防及び処置で、予防健康スキム、ヘルスケア、小児歯科ケアである。

 通常、病気になったとき、まず最初に前者の開業医に行き次に必要に応じて更に特殊処置、機器、集中医療のある病院で医学処置をうける。

 

2)ヘルスケアの財政

 デンマークでは患者にとり、ほとんど無償でヘルスケアを受けられる。1995年のデンマークのヘルスケアの全支出は公的負担が87%、個人負担が13%である。個人負担の主なものは薬代、歯科、検査料である。1995年のデンマークのヘルスケアの支出は次の通り(単位:DKK)

   開業医  10416

   病院   34804

   公的負担 46111

   個人負担 10171

   全支出  56282

 

3)デンマークの健康状態

 デンマークの健康状況は一般的に良好であるが、過去10-20年は欧州のTOP3には入っていない。これは他の国が追いついているためで、質問調査によると自分自身の健康調査によると、80%が良好、5%が悪いで、75歳以上の50%が良好だあった。

 

4)一次医療ー開業医

 デンマークの全居住者は地方税によって医療費の払戻しが行われている。一次医療処置は開業医によりまず行われる。

 

5)病院

 デンマークの病院サービスは地方とCopenhagen Hospital Cooporationの責任となっている。

 

6)その他

 デンマークにおいて、健康専門医、患者の権利、予防ヘルスケア及び健康促進、研究と倫理が取り上げられている。

 

肢体不自由者の機会均等

 文献:Equal Oppotunities for Disabled Persons-the Danish way  (1997)

 肢体不自由者及び高齢者が「普通」社会で生活するさまざまの補助機器がデンマークで開発されている。成功例、機器、製品、メーカー、目的別補助器具等の説明、リストが多数紹介されている。

 

D)ノルウェーの福祉

 

 ノールウエーのヘルスケアー製品とサービス(ノルウエー編)

 

 文献:Hearth Care-Product & Services, Norwegian Trade Council "NORWAY EXPORT"Vol 97 No.3(1997)

      http://www.index.no

 

 ノールウエーにおいては病気になった人が国際的に知られた高度の患者処置のシステムにおいて医学治療が保証されている。この医学治療は厳密に医学的必要度に応じて提供され、年間1140NOK、又は189米ドルである。

 地方支出の半分以上が、病院、大部分の診療所、研究所、放射線治療、歯科治療を含む医療治療コストを負担している。

 ノルウエーは渓谷、山岳、フィヨルド、離島から成り立っており住民の為に地方分権で地方の責任で運営されている。患者は私的医療機関からケアを受けられるが、1991OECDで最も高い97%を公共機関が負担している。

 ノルウエーのヘルスケア支出はGNP6%で米国の相当する数字の半分以下である。これはノルウエー政府の努力で改良技術採用、ネットワーク、ダウンサイズの制度化、予防薬、家庭看護の推奨の為である。これは又専門医の代わりに、初期の段階で開業医に診療の問題を頼るためである。高齢者の医学的問題は早期の健康習慣の改善により避けることが出来る。たとえば心臓疾患は減少している。理由はノルウエー人の脂肪摂取量が1975年に較べ5.5kg減っている。ノルウエーの会社は、事前に心臓及び心臓疾患問題を解決する為、医師の診断を補助する超音波技術による最新設備を設置している。

 政府の強調する常識的な健康促進がヘルスケア技術市場に直接影響を及ぼし、処置、教育、介護用品の消費、輸出に貢献した。70歳以上のノルウエー人の10人に7人は健康良好で持ち家に住んでいる。10人中2人は家庭介護サービスで、たった10人に1人が入院している。

 

  ヘルスケア製品及びサービス

  ヘルスケア設備の汎用製品

  通信機器

  加熱/常温パック

  教育製品

  電気医学機器

  健康医療設備用家具

  研究機器及びシステム

  医薬品

  リハビリ用機器

  蘇生機器

  輸送及び昇降機器

 

 本冊子は”NORWAY EXPORT"に特集されているもので、ヘルスケアの製品、サービスに重点がおかれている。

 

ノルウェーの福祉・社会保障

 資料1:“The Norwegian Welfare System”「ノルウェーの福祉システム」

     ノルウェー王国大使館

     発行年 不明(記事中に見られる最新年数は'97年)

     A4版 12ページ

     目次:以下5項目について紹介されている

      1.福祉政策の概要−−−−−3ページ

      2.子どもと家族−−−−−−3

      3.高齢者福祉−−−−−−−3

      4.障害者福祉−−−−−−−1

      5.ノルウェーの福祉機器−−2

 資料2:“ノルウェーInfomation”「ノルウェーの社会保障」

     文献からのコピーページのようですが、出典など不明

     内容:ノルウェーの社会保障について紹介

 

  資料3:“ノルウェーの福祉機器供給システム(概要)

     一枚物A4版です。出典不明

     内容:福祉機器利用者ニーズに対して、コミューネ(市町村)レベル−医師、ホームケア・ナース、各種高齢者福祉施設、コミューネ社会保険局事務所、フィルケ(県)レベル−県社会保険局事務所、県補助器具センター、国レベル−社会保険局、福祉機器メーカー、保健・社会問題省、福祉機器公的試験および研究開発機関の関わりについて「福祉機器のながれ」「申請のながれ」「お金のながれ」を図式化説明している

      

1)福祉政策の概要

 ・人口430万余り

 ・福祉政策の背景にあるもの−−ノルウェー社会の一つの特徴として「平等の理念」ある。これは、古くから自作農によって構成された農村社会に根ざす歴史的な遺産かも知れない。工業化社会が浸透した現在も引き継がれ、ノルウェーの福祉政策の基本となっている。

 ・福祉政策の目標

  ノルウェーの福祉政策は、ここ50年ほどの間に構築された。構築目標は、すべての国民の生活保障、経済的均一性と分配政策、完全雇用、子どもを持つ家庭や高齢者・障害者・失業者および学生への経済援助、国民健康医療の構築である。

 ・政府の福祉予算

  年金を含む福祉予算は政府予算の三分の一を占めている。主な項目別福祉予算は以下の通り。

  社会福祉予算の内訳(1994年)

      高齢者および障害者(主に年金)    48.0%

      健康医療               24.9%

      児童および家族手当          14.1%

      失業手当                8.2%

      その他の福祉手当            4.8%

 ・国と地方自治体の分担   

  地方自治体−−全国435の市町村にある地方自治体(コミューネ)がそれぞれ市民の健康管理、社会福祉サービス、義務育、児童保育を担当県政府(フィルケスコミューネ)−−病院、リハビリ、特別療養施設、児童福祉機関、および高等教育を管轄国−−−−−−数カ所の特別病院、および大学教育を運営

 ・福祉政策

  他のOECD諸国とほぼ同様の枠組みで、疾病手当、失業手当、年金制度児童および家族手当、一般福祉手当などが含まれている。

【疾病手当】

 給与所得者が病気になった場合、休職した第一日目から給料の100%が保障される。〜2週間までは疾病給与として雇用主から、それ以降第52週まで「フォルケトリュグデン」という社会保険制度により、国から疾病手当として支給される。

【失業手当】

 80週間失業前の給与の66%を最高として支給される。失業率は現在約4%で、西側先進諸国の平均値よりかなり低い

【年金制度】

 公的年金制度は、勤労経験の有無や所得の多少にかかわらず、すべての国民に基礎年金を保障している。公的年金制度に雇用年金と個人年金が加わり、年金制度を補完してる。

 

   OECD諸国における年金受給者の割合

                1960   1990    2020

      ノルウェー    17.5  25.2  31.

      日本        9.5  17.1  43.

      アメリカ合衆国  15.4  19.1  27.

      ドイツ      16.0  16.0  35.

      フランス     18.8  18.8  32.

      イタリア     13.3  13.3  37.

      イギリス     17.9  17.9  31.

      スウェーデン   17.8  27.8  36.

      デンマーク    16.5  16.5  31.

 

 ノルウェーは先進諸外国と同様、年金受給者数の急速な増加に将来どう対処するかという問題に直面している。−−ノルウェー国会は、将来若い世代に大きな負担を与えるような増税を避けるため、国家財政において、今後は毎年大幅な黒字を計上する決定を下し有効な対策の考案と、政策の優先順位づけに取り組んでいる。

 

2)子どもと家族

 ノルウェーは世界で初めて、父親が有給で一定期間、生まれたばかりの子どもと家庭で過ごすことができる制度を導入した国です。また、1981年世界初の子どもオンブッド(オンブズマン)法を制定しました。

 

3)高齢者福祉

 「FACTS 高齢者福祉について」と題して以下の紹介があります

 ・約60万人の高齢者年金受給者の中で、施設に入っているのは5万人程度、ほとんどの高齢者は元気に自活している

 ・通常、年金の受給開始年齢は67歳

 ・年金受給者にも一般給与所得者と同様所得税が課されている。一方年金受給者から徴収する社会保険料は、一般給与所得者よりも低く設定されている

 ・所得額にかかわらず、すべての年金受給者に葬儀費用の援助を受ける権利があり、社会保険でカバーされるすべての国民の権利である

 ・低所得の年金生活者には住宅手当が支給される

 ・特に重大な助けを必要とする年金生活者には、在宅介護のための経済援助がなされる

 ・病気にかかった場合、年金生活者は治療費を補う手当が支給される

 ・補助器具は、必要とするすべての国民に支給される

 ・高齢者のための特別施設の受け入れ数は減少傾向にある。一方、在宅サービス並びにサービス・ホームの拡充に力を入れている。

 ・ホームヘルプ・サービスとホームヘルパー数は、1980年代に2倍に増強され、高齢者が自宅で介護を受けられる機会が増えている

 ・都市部では新しいタイプの高齢者向け住居も作られている。「サービス・アパート」は、高齢者が医療や介護を受けられるとともに、プライベートな空間を持つことが出来る

 

4)障害者福祉

 ノルウェーでは、障害者も健常者と同様通常の学校に通い、彼らが労働生活に完全に参加できうるように促すことを基本方針としている。この理念は「完全参加と同権」と呼ばれている。これに基づく施策展開がなされている

 

5)ノルウェーの福祉機器

 国の社会保険局に属する補助器具センターという公的機関が全国各地にあり、補助器具の最大発注者となっている。ノルウェーの人口の10%にあたる45万人もの人々が、補助器具センターのサービスを利用し、例えば車いす、その他特別仕様の補助器具などを無料で利用している。

 ノルウェーでは、社会保険局、補助器具センター、医学と理学療法の研究者、そして40社余りの補助器具メーカーが、相互協力をさらに強化・効率化できるよう「ノルウェー健康技術ネットワーク」が形成されている。

 

5.国内

 

東京高齢者共同組合(巌 隆吉、助川 泉)

 

 去る2月19日、予定とうり日本労働者協同組合連合会に赴き、頭書AARPのことについて種々聴取したので、その概要を報告する。

@  調査日時   2月19日  14:00〜16:00

A  面接者   同連合会  国際部  加藤    

B  当方     財団              藤倉研究主担

           ダイヤネット会員  松川、助川、高島、巌

C  調査結果

イ.日本においてAARP的な組織が出来る可能性についての加藤次長の見解を質したところ、現在の日本においては、実利的な面でそのような成果を発揮することが無理なので、現状を見る限りそのような事業が成功することは、難しいだろうとの回答であった。

  アメリカのAARPは3000万人の会員の内、1%はボランテイアであるが、99%の大多数は保険とか医薬の面でのメリットを求めての実利追求型である。現在の日本でそのような実利を求めることは無理と思う。

  今までも、日本版AARPにトライしているが、そのニーズが掴めずに失敗しているという。

 

ロ.しかし、何か糸口があれば全く可能性がないわけではない。来年は「高齢者年」であるので、そのようなシンポジュームなり、議論を起こすことも良いのではないかとの意見もあった。要は高齢者のニーズを探すことが極めて大事だという。そのため論文で「中高年者の声」を求めてはどうかとの意見も出た。

  そして、超高齢社会を迎える日本なので、現在の高齢者よりもむしろ、現在50才程度の団塊の世代こそ、今後の問題を真剣に考える必要があるのに拘わらず、その方たちはまだそれ程真剣にそのことを考えていない。今後はその団塊の世代と婦人を巻き込むことが肝要。

 

ハ.このように、加藤次長の意見は、AARPを調査した責任者であるので、訪問する前はある程度前向きの話しが聞けるのではないかと推測していたが、いささか拍子抜けしたような感じであった。

 

ニ.訪問後、当方グループだけでデスカスしたところ、サラリーマンとしては、企業年金と退職後の会社健康 保険の問題としてのニーズはあるので、その面で実利を産むようにすれば、そのような組織をつくることも可能ではないかとの意見が出た。

  先ず、三菱グループ内でそのような組織を作ることが出来ればそれから発展させての日本版AARPも夢ではないだろうとの感想であった。

   要はこれから色々とアクションを取りつつ、高齢者のニーズ動向を把握して、対応すべきであろう。

D  その他参考事項

イ.この連合会は失対事業の事業から発展した協同組合の連合会であり、傘下に地域事業団と本部直轄のセンター事業団を持ち、その事業収入により運営している。資金は出資金により、発言権は出資金の多寡に関係せず平等。

 

ロ.それとは別に、3年前に設立した高齢者協同組合を傘下において、福祉事業にも参入している。1口5000円以上の出資による。

   生き甲斐のため、パソコン教室、語学講座、タマリ場の確保等も実施中の由。

                                                         以上

 極めて簡単に記述したので、いささか舌足らずと思います。当方出席者の皆様よりのコメントをお願いします。

                                                   巌       

 

 高齢者協同組合をダイヤネットの皆さんと一緒に訪問した。巌さんの報告書に詳しく書かれているので、高齢者協同組合とAARPの違いとダイヤ高齢社会研究財団の研究課題を考えてみたい。

 

1)高齢者協同組合

 高齢者協同組合は歴史的に失業対策事業で働いていた労働者が生み出した中高年雇用福祉事業団が基礎となっており次のような活動している。高齢者協同組合のカタログからそのまま転載すると次の通りです。

 

事業と運動

 「就労」「福祉」「生きがい」の三本柱で、高齢者協同組合を構想し、仕事おこしのパートナーである労働者協同組合と協力して、高齢者の自立を支えるため、つぎのような事業と運動を始めました。

 

ヘルプ事業

 介護は、高齢者だけでなく家族の切実な要求です。住まいや食事、家族や地域の関係、いきがいなど多様なことが求められます。

 介護を、身体介護の枠にとどめず、生活全般をコーディネートするものにします。介護を通じて人間の本当の幸せや安心して生活できる地域社会のあり方も考えて、ヘルパー自身が人間として豊かに成長していくことを目標において取り組んでいます。

 

関連事業

 24時間巡回型ヘルパー

 グループホーム

 デイケア・ショートステイ

 ケアハウス

 給配食

 住宅の改修

 生活必需品・介護器具用品の供給

 

基礎組織

 地域センター、班・支部、「たまり場」つくり

 組合員が出会う交流のひろばづくりを地域センター、班・支部、「たまり場」づくりと呼んでいます。人と人のつながりの楽しさ・豊かさを実感し、この組合に入ってよかったと、地域と人々に役立つ活動を想像していく活力源となっています。

 

各種講座の開設

 全国各地の組合で力を入れて取り組まれています。 愛知では、ワープロ講座の人気が高く、シニアダンス教室、将棋入門、健康気功教室、シニア旅行英語入門などの「らくらく講座」はいつも定員オーバーの盛況ぶりです。

 

就労

 元気なうちは働きたい。健康のため。社会に役立ちたい。仲間と一緒にいたい。年金も少ないし、働かないと生活できない人もいます。高齢者にむいた仕事の確保と、高齢者の知識・技能を生かした仕事おこしをすすめています。すぐにも働きたい人には、地域の労働者協同組合、事業団を紹介しています。多彩な事業計画と見えてくる発展の可能性

 

意欲的な事業種目

 働く・仕事おこし

  ビルメンテナンス,駐車場の整理,売 店,出 版,ホームサービス, 何でも屋、別荘の管理、住宅リフォーム・営繕 ,送迎

 介護

  ヘルパー養成講座・事業化、 ディサービス、ケアハウス、 グループホーム

 農業

  環境リサイクル養鶏、 給食用野菜園、 朝市、椎茸栽培、お茶の生産、お米の産直、野菜づくり、 食と農と命を考えるシンポジウム

 給食

  元気舎、ロッジデール、健康弁当、配食サービス配彩、無添加パンの製造

 健康 

  健康プログラム,鍼灸

 共同購入

  店頭、宅配、

 講座

  ワープロ、パソコン、語学 英語、中国語、スペイン語、インドネシア語、葬送を考える、ダンス、気孔・太極拳、料理教室、ボランティア学校、健康、合唱団 、絵画、釣り、手芸、写真、書道陶芸、囲碁・将棋、登山

 旅行・ 文化

  史跡散策、水中ウォーキング、交流ツアー、カラオケ、ふるさとゼミ

 相談

  健康、医療・福祉、法律・税務、

 インターネット

    http://www.mmjp.or.jp/ecoop

 

2)AARP(米退職者協会 American Association of Retired Persons 略称:AARP

 

 ダイヤネットAARP研究会のところに先日掲載したAARPの主な活動を繰り返しとなりますが次の通りです。

 

概要

 先進国に共通する高齢化社会における「元気な高齢者」として全米で政治的にも強い影響力があると言われる非営利組織(NPO)3000万人の会員、40万人ものボランティアを組織化している。AARPは高齢者の社会活動組織の模範と言われている。

方針

 業の精神は To Serve,Not To Be Served 「奉仕されるのではなく、奉仕をしよう」

 

会員サービス

 「雑誌」Modern Maturity Magazine

  お金、健康、旅行、食物、本、芸術等々平易にに解説したカラー雑誌、隔月刊で90ページ

 「年金プログラム」個人年金の解説、紹介、料率

 「会員の声」政府、官庁等への高齢者の代弁。社会保障、雇用、健康、介護の改善

 「公式ガイドブック」AARPの健康、フィットネス、家計、介護、雇用、住宅等の公式マニュアル

 「生命保険、健康保険プラン」

 「国内外旅行割引」

 「自動車、住宅保険」

 「AARPクレシットサービス」

 「AARP BULLETINAAPRの公式月刊広報誌

 「個人用投資プログラム」実費で個人対称の投資プログラムの設計

 「処方箋、健康用品の斡旋」AARP薬局のメールサービスに処方箋の受付、無償カタログの配布

 「確定申告の相談」

 「安全運転と自動車保険の割引」

 

インターネット

     URL     http://www.aarp.org/

     E-Mail  memberapp@aarp.org

 

3)高齢者協同組合とAARPの比較

 

 日本の高齢者協同組合は歴史的に言って失業対策から発生し低所得者が多く就労に重点をおいており、福祉、生きがいに発展しているのに対しAARPは教職員を中心歴史的、社会的に比較的中高所得層から発生したもので、ボランテヤ運動を組織化すると共に高齢者の健康、介護、雇用、住宅の確保、高齢者の社会的に有利な条件の確保、即ち年金、保険、税金、預金、投資や各種割引の広範囲にわたっている。

 

4)ダイヤ高齢社会研究財団としての研究課題

 

 昨年、日本の65歳以上の高齢者人口が1954万人となり15歳未満の人口1949万人を上回った。特にダイヤ高令社会研究財団のような三菱グループ会社OBを主体とする中高所得者はAARPと同じような社会的に有利な条件、即ちグループ内の個人年金、医療保険、介護保険、自動車保険、有利な投資、例えばベンチャービジネス、グループ内特別割引、生きがい、ボランティア等の一般的なものから、就労ではグループ内の厚生施設、事務のアウトソーシング等の受託、国内外のコンサルタント、技能・技術指導、法律、税務、経営、特許等知識、経験を伴う仕事が考えられる。

 

 以上思い付くままに書いたものですが皆様の意見を色々出して頂いて問題点が纏まれば、ダイヤ高齢社会研究財団の今後の興味ある研究課題と思われます。

                                              助川

 

B)三井ボランタリーネットワーク事業団訪問記(川瀬 清彦

 

団体訪問報告

 

 訪問者の一人 吉原信良氏から以下の報告をいただきました。

三井ボランティアネットワ−ク事業団 (Mitsui Volunteer Network Center)

双方の事業内容の情報交換

 

1)訪問日

   9月25日(金)16:00−17:40

2)場所

    三井ボランティアネットワ−ク事業団事務所

    中央区銀座6−8−7 交詢ビル 211号

 

3)面会者

   理事長  宮澤 南夫(みやざわ なみお) 元三井海上火災保険 副社長

    事務局長  栗原 昭(くりはら あきら)

    事務局次長  佐藤 博巳(さとう ひろみ)

    事務局次長  史郎(ばん しろう)

 

4)訪問者

   ダイヤネットワ−ク 藤本 秀夫(三菱商事。リサ−チモニタ−)

                     川瀬 清彦(三菱商事)

     当財団参与         若林 健市

     同主席研究員       吉原 信良

 

5)事業団のプロフィ−ル・意義

 ・設立:H8.10.1

 ・形態:非営利任意団体

 ・運営会員:33企業+1団体(三井グル−プ)

  ・設立の趣旨:本格的長寿社会において、日本社会が活力を保持し、豊かな国民生活を維持・向上していくために、増大していく高齢者(シニア)が社会に積極的に参加し、社会の有為な構成員として存在しうる状況を創り出すこと。

  ・目的:社会全体のシニア層に、ボランティア活動を紹介・仲介・斡旋すると共にボランティア活動を企画・立案・実行し、シニアの豊かで健康な生甲斐支援を図り、以って三井グル−プ全体の社会貢献に資すること。

  ・首都圏在住の三井OBシニア:26,000人(活動参加関心の有無アンケ−ト対象)

  ・事務所構成員:男性 4人、女性 1人、計 5人。

 

6)活動内容の要報告機関(確認できた分)

 ・4月2日二木会:現状および将来の方向を中心に報告

  ・4月27日三井業際研究所高齢化問題委員会

        現状および将来の方向を中心に報告

 ・6月18日理事会

         現状および将来の方向を中心に報告

         98年度の計画・予算、97年度の決算の報告。了承得る。

 ・ニュ−スレタ−:発行部数約30,000部(配布範囲不明)。四半期毎に発行。

 

7)具体的な活動状況(含む計画)

@  国際交流貢献

   在日外国人への草の根活動として、留学生(東大、千葉大の大学院生)、外国の在日商工会議所関係社会人を対象に、留学・研修・仕事・日常生活の相談相手、あるいは日本の社会・経済・技術・文化との地道なふれあい・紹介など、シニアならではの活動。現在ボランティア登録103人。

      H10.6東大、10.7千葉大との交流会実施。

    アジア学生文化協会関係のベトナム留学生との交流を開始予定。

A  環境美化

      国際クリ−ンアップ活動、その他春秋のクリ−ンアップキャンペ−ンに参加、環境問題への角度を変えての認識、ゴミ無くそう運動の推進。

      H10.9の第3週に世界一斉に実施される国際クリ−ンキャンペ−ンに参画し、和泉多摩川駅付近で多摩川クリ−ンアップを実施。

      H10.10に東大島駅付近で荒川クリ−ンアップを実施予定。

      H9.4多摩川42人参加。9.11荒川36人参加。

B  福祉関係

    ・病院ボランティア:日赤医療センタ−、東大病院での再来患者受付機操作案内

    ・図書貸し出しサ−ビス。

      日赤はH10.2 10人参加。10.6 9人参加。東大は10人程度の見込み。

    ・日本チャリティ協会(新宿区本塩町):身障者・高齢者対象のイベント・展示会・教室等運営手伝。

      H10.2〜3 3回延べ19人参加・

    ・SELP協力会:心身障害者自立のための作業所支援活動。

C  その他

 ・児童館及び外国人対象の囲碁ボランティア。登録34人。現在6人参加。

 ・国際観光振興会関係の善意通訳。登録90人。

  ・アムネスティインタ−ナショナル他22団体へのボランティア紹介。

 ・書き損じハガキ・切手を募り「三井V−Net奨学金」創設。途上国児童へ。

   H10.3タイ東北部農村の子供7人に進学資金。

                                                            以

 

 これに関連して、川瀬様から以下の記事をいただいております。

 

「三井ボランティアネットワーク事業団」訪問の感想

 

 去る925日、財団の若林参与と吉原主席研究員、それにリサーチモニターの藤本さんに私の4名で頭書事業団を訪問しました。その内容については、吉原様より詳細な報告書が用意され、会議室に発表していただきましたので、ここではその訪問で感じたことを次の通り箇条書きにしました。

 

(1)この団体の主な目的は「高齢者(シニア)層にボランティア活動を紹介・仲介・斡旋」ですが、それを三井グループ企業の社会貢献事業としてこの事業団が代行していると言う印象が致しました。

 

(2)活動内容としては、善意通訳を中心にした国際交流貢献やクリーンアップ作戦や病院ボランティア活動などで、その内容自体は特徴もなく、その規模もこれからと言う感じがしました(設立はちょうど2年前です)。

 

(3)しかし「首都圏在住の三井OBシニア約26千人にアンケートを実施した」こと、それに「活動参加に関心あるシニアに(約54千人)の80%の人々が参加できるような活動分野を、2000年を目途に創造したい」と言う点にその意気込みを感じました。

 

(4)ところが事務所には、理事長、事務局長、2名の事務局次長,それに女性の事務員、合計5名だけであり、冷房もない古い事務所での活動にはご苦労も多いことと拝察しました。

 

 この活動が今後とも維持され、上記のような夢が是非実現されるよう祈りたいと思います。

 

C)WAC訪問記録−その概要と感想(巌 隆吉助川  泉)

 

 財団の若林参与のご斡旋により、去る10月29日、WAC(社団法人長寿社会文化協会)を訪ねて同協会の理事(元事務局長)鷹野義量氏よりその協会の活動状況並びにその問題点等を種々聴取した。その概要とそれについての感想等を取り纏め、以下の通り簡単に報告したい。

 もとより、充分意を尽くしていないので、同行の各位に対しては率直なコメントを特にお願いしたい。

  同行者   財団若林参与  藤倉主席研究員

           ダイヤネット会員     藤本氏   助川氏   巌(記)

  WACの概要

 詳細はホームページ  http://www.wac.or.jp  を開くとすべての活動状況や入会方法等が記載されているので、詳細は省略するが、1986年長寿社会対策大綱が出来た際、官民で設立した協会である。

 もともと、草の根活動から始まっており、「元気なお年寄りの社会参加を」基本的スタンスとしている。お手本はAARP。

 そのパンフレットによると「市民とNPOと企業を結ぶネットワーク型活動」とうたっているので大凡の検討がつこう。

 なお、現在も大東京火災が実質的に事務所を貸与し、出向社員を派遣する等相当な支援をしている模様。

  会員

    法人会員         13社     会費         120万円/年

    賛助会員  80社強                10  

    個人会員         リーダー          12000  円/年

                正会員            10000   

                     会員                3000   

         (注) #印はホームページ記事より転記した。

 個人会員数は、現在15000人であり、あまり伸びていない。グループ単位をポイントといい、公序良俗に反しない限り、何を企画しても良い。WACの70%は女性であり、既成観念にとらわれず、また生活の中より出る発想からユニークな活動を展開中。

  WACでヒットしたもの

イ.高齢者パソコン教室

  極めて積極的な女性(NHK出身)がNECと東京ガスを口説き実施。

  東京ガスの研修室では勝手に電話接続をやって問題になった程果敢に挑戦している。既に800人の講習実施済み。

ロ.健康マージャン

  マージャン屋の空いている時間帯を利用。中国にも進出免許を得ている位で一時はWACといえばマージャン屋と思われていた位。

ハ.在宅看護

  年間 175000時間を実施している。その内東京地区で25000時間。ボランテアに1000円/時間、年間1.7億円の出費で内200円は事務費として供出させている。

  この1000円は極めて安い。企業ベースではコスト3600円で、行政ベースでは空き時間が多く7000〜12000円のコストになろう。

ニ.浦島太郎

  高齢者疑似体験の機具。テレビ等でしばしば報道されているので良く知られているが、この機具はWACの介護体験の中から生まれ大東京火災と東京ガスの協力により完成した。

  現在8000万円/年の収入となっており、財政面で大きく寄与している。

.口の中の衛生活動

  歯医者〜歯科衛生士〜ボランテアで道具を作り、ボランテアが活動売り上げの一部をWAC協力費としている供出。 

  財政

年間活動費   3000万円   現在残15万円

本部会計    24000     

地方会計    21000         合計約4.5億円

  原則として独立採算制。

   在宅介護や浦島太郎が大きく寄与しているようだが苦しい。

  大東京火災の事務所貸与と出向者4人によりカバーしている。

  例えば本部経費24000万円については、

    会費        7000万円 

    助成        7000万円

    事業費    10000万円 (主として浦島太郎)

    でほぼ充足。

  感想(巌 隆吉)

イ.このような事業を育てるには、絶えず「好奇心」を持つことが大事と痛感された。その点最近の女性は凄いと思う。財団も女性モニターを増やすべき時だろう。

ロ.当初AARPを目指したが、アメリカは健康保険もなく経済メリットがあったが日本はあらゆる面で進んでおり、メリットが少なく今のところWACも会員が増えていない。

  要は日本とアメリカとはその風土が違っているようだ。この点で日本で、今後AARPを目指すとすれば、取り敢えず企業グループ内での経済メリットを如何に追求するかにかかっていると思う。

  三菱グループ内でどのようなメリットが追求可能か真剣に研究の要あり。

ハ.パソコン教室といい、浦島太郎の開発については財団なり、ダイヤネットワークとしても良い教訓だと思う。大いに学ぶべき点だろう。

ニ.大東京火災も当初は、WACが保険勧誘面でメリットありという思惑もあったがその成果は乏しく現在では成り行き上支援しているようだ。このような団体はすぐに支援者にそのメリットを還元することは大変難しいと痛感した。

  従って支援企業としては、短期的にはどうしても社会還元、社会貢献ということになろう。企業も苦しかろうが大きな目で見るべきと思う。

ホ.WACもホームページで広報活動をしており、財団も出来るだけ早くホームページを開設すべきであろう。

へ.さらに財団モニターにパソコンを研修したい方がいれば、ダイヤネットワークでパソコン教室を開設し、さらにそのノウハウも蓄積すべきだろう。

   高齢者の研修では、Eメール、会議室参加、ホームページの閲覧等の最低限の研修で良いと思うが、取り敢えずは実施することが肝要と思う。

ト.今回このようにWACに大変な刺激を受けたが、今後同様な団体を訪ねて調査活動をすることも財団発展のため極めて大事と思う。

  財団のご支援を得たい。

 

○コメント(助川 泉)

 WACの内容は巌さんの訪問報告及びWACのホームページに記載を参照して頂き、WACの事業としてのコメントを付け加えたい。

1.WACの活動

  WACは個人や地域、職域、趣味等の自発的グループから発生し各所に「ポイント」を置きこれらの活動を主体しており、女性が70%を占め、殆ど費用を掛けずに運営、維持、拡大が可能である。

2.WACの組織

  会長、理事長、等の他、各界からの無給の理事、顧問制度をとり運営経費の節減を計 っている。

3.バランスのとれた官庁へのアプローチ

  WAC19884月経済企画庁の社団法人となり、957月厚生省の共管となり、各種の公益法人NPO、自治体と連携を取っており、補助金、援助を多方面から受けている

4.プロジェクトの開発

  WACが開発した高齢者擬似体験キット「うらしま太郎」は年間8000万円の利益を得るプロジェクトで、現在、福祉ビジネス、口腔衛生器具の開発を推進している。これらはWACの一つの財政基盤となっている。

5.わくわく共済

  個人会員15000人のWACだけの組織では、各種の割引制度の導入には小さ過ぎるので、WACNPOの福祉、中高年、子ども、文化・芸術関連団体を組織化し共済参加者を1000万人とする計画で、WACのビルの中に事務所を置き平成9年にスタートさせている。主な事 業はホテル、旅行の割引、ヘルス及びライフサポート、生活総合保険、ボランティア・タレントバンク及びライセンス等である。今後の成否が注目される。

6.生きがいへの組織化

  高齢者パソコン教室有料で東京ガス、NEC等の場所、パソコン等の協力を得て実施。800人終了

 健康マージャン昼間の麻雀店の協力等学習、余暇利用を組織化している。

7.政治への関与

  会員の宗教、政治、営利事業は禁止しているが、WACとしては介護法案の修正や早期決定を提起したりしているが、草の根のNGO組織から発生した歴史的経緯から見て、本格的政治活動は難しい。WACとしては今後の問題点である。

8.企業ー法人会員の支援

  大東京火災がWAC本部事務所スペース及び出向者4名の実質的提供、法人会員の会費は大きな財源となっている。

 

 AARPの会員数3200万人とWAC15000人では大きな差があるが、経費の節約、プロジェクトの開発等、種々の工夫、アイデアにより成果をおさめつつある。

 今後の問題点は財政的基盤を確立する為に、わくわく共済の成功、会員の増加、高齢者の為の政治、政策への影響力の確保であると、思われる。

 三菱グループの高齢者団体としての財団の運営の参考として頂きたい。

 

D)メロウソサエティ訪問記(三田 昌夫、巌 隆吉)

 

 訪問者:巌 隆吉、三田 昌夫、大前 安人

     助川 泉、高島 雅夫、藤倉 雄

 訪問日: 平成11年 1月 28日

 面会者: メロウ・ソサエティ・フォーラム 花房 孝典 事務部長(富士通より出向)

      メロウ・ソサエティ構想推進部    山田 栄子 次長

 関連団体調査−メロウ・ソサイエティ訪問感想(三田 昌夫 記)

 

 昨日、15時から2時間程(財)ニューメディア開発協会 推進本部を訪ねて、花房部長殿よりメロウ・ソサイエティ・フォーラム活動について伺った。

 本フォーラムは、会員企業38社、協賛団体40団体、協賛自治体76自治体により、ゆとり豊かで活力ある高齢社会の創造を目指した通産省の「メロウ(円熟)ソサイエティ構想」を支援する団体として、産・学・官の有志により組織されている由。

 情報技術の活用により高齢者の積極的な社会活動や就業などを促進する多様プロジェクト事業を行っている。特に、通産からの助成金交付の見込める情報システム活用型シニアベンチャー支援事業では、5月に公募を行う由。詳しく知りたい方は、ダイヤ財団の藤倉さんまで尋ねて見ると良い。

 一方藤倉さんからは、ダイヤネットワーク活動の紹介があり、お互いの交流の場を広げるための活発な意見の交換があったことを御報告して、これからの高齢社会にも情報技術の活用の場が益々開けて来ることをお伝えしておきたい。

 

○感想(巌 隆吉)

 先ず私が感じたことを下記のとおりにつき参考までに掲載します。

@  三田さんのリポートにもありますとおり、通産からの援助金が随分出ているということです。メロウソサエテイは職員5名(他に9名有償ボランテイアを含め 総計14名)で運営されています。

  その運営予算は約2億円/年で会費60万円/社、40社であり残の約80%は通産からの補助金で賄われる、極めて恵まれた団体と思いました。

  今後われわれとしても出来るだけ通産の援助を受けるような事業にも関心を払うべきではないかと痛感しました。

A  その一環として「シニアベンチャー育成事業」がありまして、平成10年度4件採択されており、1件500万円の補助金が支給されています。

  今後、定年退職者も研究すべき課題と思いました。平成11年度についても5月頃公募がありますが、まだそれ程一般に浸透していませんので、良い計画を出せば採択される可能性は大と思っています。

B  われわれダイヤネットワークとしても、このメロウソサエテイについては良くフォローして今後大いに学ぶべきと思います。来る3月5日13時よりマリオン朝日ホールでメロウシンポジウム(無料)が開催されますので、関心のあるお方はご参加されては如何でしょうか。

 

 上記報告で紹介されている「シニアベンチャー育成事業」について、メロウ・ソサエティのチラシを以下に転載します。(この資料は、ペーパーでいただいてきたものをOCRソフトにより、スキャナを介して読みとり、テキストファイルにして掲載しております)

 

 

情報システム活用型シニアベンチャー支援事業に関する『シニアベンチャー育成事業」の対象事業公募について

                        平成10428

                         通商産業省機械情報産業局

                         情報処理システム開発課

                         財団法人ニューメディア開発協会

 

 活力ある高齢社会と高度情報社会の円滑な実現を図るため、高齢者の知識や経験を地域社会の活力に結び付ける「シニアベンチャー育成事業」を平成10年度より実施いたします。つきましては、その対象となる高齢者参加型事業(シニアベンチャー)を下記により募集いたします。

                  記 

 <情報システム活用型シニアベンチャー事業全体の概要>

1.基本的な狙いおよび筆業の日約

  我が国は、世界に類を見ない速さで高齢社会へと突入し、労働力人口の減少、公的負担増大が懸念されるとともに、世界経済が本格的な大競争時代に突入する中、日本における産業の空洞化抑制及び経済活力の維持が緊急の課題となっている。

  そのためには、高齢社会対策と経済活力維持の両立に向けた施策が必要である。

  その有効な手段のひとつとして、高齢者の経験や知識が社会・産業の活力に結び付く仕組みを作り、社会参加意欲の高い高齢者が、社会を支える側にまわることが重要になってくる。

  また、一方で、昨今の情報・通信分野における急速な技術革新を背景に、情報技術を利用した高齢者の社会参加(就労・NPO・ボランティア等)が活発になりつつある。高齢者白身も、多様な分野での社会参加を望んでおり、高齢者の意欲や能力が社会の中で活かされることは、高齢者の二一ズにもマッチする。

  通商産業省では、財団法人ニューメディア開発協会の協力を得て、高齢者が、それまでの知識や経験を活かしながら、祉会・経済活力の維持・向上に寄与できる齢者参加型事業(シニアベンチャー)を掘リ起こすとともに、積極的な情報技術活用を支援することで、豊かで活力ある高齢社会の実現に向けた情報基盤の整備や経済構造の転換に資する ことを目的として、シニア・ベンチャー支援事業を実施する。

2.裏業の概要

  本事業は、下記2点を実施する。

@シニアベンチャー育成事業(公募:別紙公募要項を参照)

  高齢者の知識や経験を活かし、かつ事業実施にあたって高齢者が多数参加している高 齢者参加型事業(シニアベンチャー)を対象とした公募を実施し、シニアベンチャーの掘り起こしと、高齢者参加型事業活性化のための情報化支援を行う。高齢者参加型事業としては、ビジネス活動からNPO等の活動まで、幅広く対象とする。

Aシニアベンチャー・サポートシステムの開発

 

 ?@で公募した事業をモデルとし、シニアベンチャーの事業促進や情報化等をバックアップするシステムとして、相談支援、ネットワーキング(仲間づくリ支援)、情報提供などの機能を持ったサポートシステムを構築する。

 なお、上記システムの運営にも高齢者有志を活用することとし、本事業終了後は、自立的に運用できることを目指した体制づくりを行う。

 

 <シニアベンチャー育成事業に関する公募要項>

1.公募の対象

  本公募の対象とする高齢者参加型事業(シニアベンチャー)とは、高齢者の知識・経験・技術等を活かした事業であって、事業主体における高齢者の参画比率が高く、事業内容や体制が新規性を有し、かつ、他地域・団体等への適応可能性の高い事業を対象とする。事業の範囲としては、ビジネス活動、NPO等の非営利活動、公的サービス支援活動等幅広い分野の活動を対象とする。

  下記に、例を示す。

1)高齢者の知識や経験を活かした商品・サービスの企画・生産・販売(たとえば、福祉機器の開発、高齢者にやさしい商品の企画・販売等)

2)高齢者の知識や経験を活かした配送サービス(たとえば、給食サービス、食材・日用品等の宅配サービス 等)

3)高齢者の知識や経験を活かした育児・介護支援(たとえば、ベビーシッター・ホームヘルパー等の派遣)

4)高齢者の知識や経験を活かした各種相談事業(たとえば、高齢期の生活・育児・介護等に関する電話相談・カウンセリング、特許・ISO等特殊分野における相談・コンサルティング等)

5)高齢者の知識や経験を活かした情報提供サービス

 (たとえば、ミニコミ誌の出版、高齢者向け商品・サービス情報誌、ホームページづくり等)

2.事業主体の制約

  公募の対象となる高齢者参加型事業(シニアベンチャー)の事業主体は、民間法人・任意団体等であって、国・地方公共団体以外とする。

3.公募による募集事業への支援内容

  本事業での支援は、高齢者参加型事業(シニアベンチャー)を活性化するための情報化支援であり、情報化に必要な指導・助言、ならびにハードウェア、ネットワーク環境、ソフトウェアの整備・開発等に関する費用の負担等を行う。金額は、600万円程度とし、申請内容を審査の上決定する。

4.支援期問

  支援は、報告書の作成も含めて平成11年331日までに完了する範囲とする。

5.応募要項

()応募主体

  応募主体は、高齢者参加型事業の事業主体とする。事業実施のための契約形態については、事業主体の性格等によって異なるため別途協議する。

()応募方法

  定められた提出資料を、各通産局に?@持参、?A郵送、?B電子メールのいずれかの方法により提出する。メールアドレスについては各通産局まで問い合わせのこと。

()応募資料要求先および提出先

    北海道通商産業局 産業部 情報政策課

    060-0808札幌市北区北8条西2丁目 札幌第一合同庁舎

    Tel  011-709-2311(代表)

       011-709-1784(直通)

    FAX  011-709-1786

    東北通商産業局  産業部  機械情報産業課

        980-8403仙台市青葉区本町3-3-1

        Te1   022-263-1111(代表)

              022-225-6078(直通)

        FAX   022-224-2658

        関東通商産業局  産業企画部  情報政策課

        100-8133千代田区大手町1-3-3  大手町合同庁舎第3号館

        Tel   3216-5641(代表)

              3213-6068(直通)

        FAX   3211-2463

        中部通商産業局  産業企画部  情報政策室

        460-8510名古屋市中区三の丸2丁目52

        Te1   052-951-8457(直通)

        FAX   052-950-1764

        近畿通商産業局  産業企画部  情報政策課

        540-8535大阪市中央区大手前1-5-44  大阪合同庁舎1号館

        Te1   06-941-9251(代表)

              06-946-9422(直通)

        FAX   06-941-9565

        中国通商産業局  産業部  情報政策室

        730-8531広島市中区上八丁堀6-30  広島合同庁舎2号館

        Te1   082-224-5614(代表)

       082-224-5684,5(直通)

    FAX  082-228-2698

        四国通商産業局  産業部  情報政策室

        760-8512高松市番町1丁目106

        Tel   0878-31-314I(代表)

        FAX   0878-31-5923

    九州通商産業局  産業部  情報政策謀

        812-0013福岡市博多区博多駅東2丁目111

        Te1   092-431-1301(代表)

              092-482-54405441(直通)

        FAX   092-482-5392

        沖縄開発庁  沖縄総合事務局  通商産業部  産業課

        900-8530那覇市前島2丁目21番地7

        Te1   098-866-0031(代表)

              098-866-0067(直通)

        FAX   098-869-7016

()公募受付け期間

    公募開始平成1056()

    公募締切平成10619()必着

()提出資料及ぴ分量

    1)応募申込書別紙様式1   5

    2)事業概要別紙様式2    5

    3)高齢者の参画状況別紙様式3  5

    4)情報化計画別紙様式4     5

    5)事業主体概要別紙様式5    5

    6)参考資料(必要に応じて添付してください)     5

 *提出資料は本事業対象選定のためのみ使用し、他の目的には使用しません。

 また、提出いただいた資料は返却いたしません。

6.審査・対象事業の選定

()審査

  審査委員会において、提出書類に基づいた書類審査の後、必要に応じてヒアリング審査を実施し、対象事業の選定を行う。(平成107)

()結果の公表

  選定結果は「通商産業省公報」ならびに、財団法人ニューメディア開発協会のホームページにて公表するとともに、選定事業主体には書面で選定通知する。

                                 (平成107)

7.審査基準

  シニアベンチャー育成事業の選定については、以下の観点から行う。

 ・高齢者の知識・経験が活かせる事業であること

 ・事業実施における高齢者の参画比率が高いこと

 ・他地域でも応用可能性が高く、社会に対する波及効果が大きいこと

 ・情報技術活用の効果が期待できること

<本事業についての問い合わせ先>

 

 〒100-8901東京都千代田区霞ヶ関1-3-1

 通商産業省機械情報産業局情報処理システム開発課黒木、高橋

 電話:03-3501-1511(内線34313434)

 〒108-0073東京都港区三田1-4-28三田国際ビル23

 財団法人ニューメディア開発協会メロウ・ソサエティ構想推進部山田、花房

 電話:03-3454-8541FAX:03-3454-8477

 Emai1:eyamada@nmda.or.jpURLhttp://www.nmda.or.jp/mellow/venture/

 

6.世界の高齢者ネット(助川 泉)

 

 http://www.aoa.dhhs.gov/aoa/webres/internat.htm

 

 オーストラリア、カナダ、中国から英国まで26ケ国を網羅しているが、内容は 国によりまちまちである。

 

 上記URLにアクセスして、それらのホームページから見ることが出来る。